×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出版年順カテゴリ別レス数順過去ログ倉庫

速攻!ゴキゲン中飛車破り

速攻!ゴキゲン中飛車破り
価格:1,470円(税込、送料別)

速攻!ゴキゲン中飛車破り

抽出キーワード:ゴキゲン中飛車破り ,Q3Hj2KIz ,2011/10&太地

*レス番をクリックすると、該当する過去ログに移動します

Part73

939 名前:名無し名人:2011/09/05(月) 18:17:20.94 ID:E1wSW3gg
速攻!ゴキゲン中飛車破り
・著者:中村太地
・予価:1,470円(税込)
・四六判 224ページ
・ISBN978-4-8399-3987-8
・発売日:2011年09月下旬

■内容紹介
ゴキゲン中飛車に悩まされている方、必見!
本書は大流行中のゴキゲン中飛車を、速攻を掛けて破るための戦術書です。
第1章ではゴキゲン中飛車対策として最もホットな超速▲3七銀戦法を、
基本から最新の形までたっぷりと解説しています。
第2章では▲5八金右超急戦の最新の形と、後手が急戦を避けたときの戦い方を解説します。

ゴキゲン中飛車相手に主導権を握って戦いたい人、
またゴキゲン中飛車党で居飛車の考え方を知りたい人におすすめの一冊です!

http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-3987-8/978-4-8399-3987-8.shtml


958 名前:名無し名人:2011/09/05(月) 22:26:11.48 ID:B+bfPowJ
速攻!ゴキゲン中飛車破りwww

著者 中村太地って誰だよwwwww無名wwwwww



Part74

70 名前:名無し名人:2011/09/09(金) 03:32:16.54 ID:L8kwUi+j
マイコミ将棋BOOKS 速攻!ゴキゲン中飛車破り

・著者:中村太地
・予価:1,470円(税込)
・四六判 224ページ
・ISBN978-4-8399-3987-8
・発売日:2011年09月下旬

■内容紹介
ゴキゲン中飛車に悩まされている方、必見!
本書は大流行中のゴキゲン中飛車を、速攻を掛けて破るための戦術書です。
第1章ではゴキゲン中飛車対策として最もホットな超速▲3七銀戦法を、
基本から最新の形までたっぷりと解説しています。
第2章では▲5八金右超急戦の最新の形と、後手が急戦を避けたときの戦い方
を解説します。

ゴキゲン中飛車相手に主導権を握って戦いたい人、
またゴキゲン中飛車党で居飛車の考え方を知りたい人におすすめの一冊です!




680 名前:名無し名人:2011/09/23(金) 00:47:47.39 ID:Q3Hj2KIz
想像がつくも何も、商品紹介に既にそう書いてあるわけだが。

711 名前:名無し名人:2011/09/23(金) 16:34:19.01 ID:Q3Hj2KIz
幹の部分を体得するには四間指しこな1は非常にいい本だと思うけどねえ。
微妙な細かい手順は後から新しい定跡書で補えばいいわけで。

716 名前:名無し名人:2011/09/23(金) 19:05:55.99 ID:Q3Hj2KIz
速攻!ゴキゲン中飛車破り

【第1章 超速▲3七銀】
これで中飛車を破ろうというのが本書の趣旨だろう。
今までは村山本や豊島本で2,30ページ程度しかなかったものが、どーんと約170ページ。
それぞれの形で多くの変化手順、新手順が載っており、これを読めば知らなくて負けるということは相当無いはず。

村山本や豊島本などと比較すると、所々で結論が大きく異なっているのが面白い。
例えば△3二金型で△7二玉のまま仕掛ける変化。
豊島本や勝又講座で居飛車良しとされた順はここでも居飛車良しと紹介されているが、
▲羽生△阿久津戦の感想戦で「(後手が)冴えませんね」とされた順(豊島本でも後手困るの一言)
を更に掘り下げ振り飛車良しとし、代えて後手に仕掛けを与えない順を推奨している。
これは他では殆ど出ていない指し方だが、結論が変わったのか、それとも筆者の持論なのだろうか?

最近よく見る△3二銀△7二玉型で仕掛ける変化も面白い。
先手の手段が多い形なのでどれかで居飛車もやれる線を出すのかと思いきや、
最終的には仕掛けを避けて、▲6六銀▲4六銀と2枚の銀を繰り出す古い形に合流させるのを推奨している。
これは居飛車側が薄く面白くないという意見もある形であり、
主流変化でそのような結論では賛否両論分かれるのではないだろうか。

このように筆者が自身の意見を正直に書いているというように取れる一方、
「ゴキゲン中飛車破り」と銘打っている割に変化球で討ち取っているような印象を受けるところがたまにある。
これを良しとするか悪しとするかは微妙なところだと思うがどうだろう。

なおこの章は構成に問題があるように思う。
△3二金型△3二銀型など形によって解説を分けているわけではないので、形ごとのまとまりがない。
>本書は戦法の変遷に沿って解説を進めているので、「流れ」がわかりやすい組み立てになっています。(前書き)
というのが著者のスタンスのようで、全体像を掴むという意味ではこの構成はいいかもしれないが、
「あの形どうだっけな。」と思った時に該当部になかなか到達できないデメリットが非常に大きい。
第2章は分岐が少ないのでさして問題にならないのだが。。。

717 名前:名無し名人:2011/09/23(金) 19:07:09.98 ID:Q3Hj2KIz
【第2章 ▲5八金右超急戦】
前半部は超急戦に突入する変化。
発売前から超急戦は振り飛車良しが定説だったのでどう居飛車が頑張るのかと期待していたのだが、
結論はやはり振り飛車良し。渡辺新手でも居飛車勝てません。

>本書では、なるべく他書では触れられていない部分を解説していこうと思う。
とあるように、現状最も詳しく解説されている村山本にも載っていない変化が多数あったのは嬉しいところ。
ただし村山本で「最重要課題」とされた順はその手前で打ち切り何故かノータッチ。
代案はもっと前で変化するので触れなくていいという話もあるのかもしれないが。。。

後半部は超急戦回避の順で、こちらの方がページ数を割いている。
後手が△5五歩と位を取らない力戦中飛車に対する指し方にも通じるところがあり、
駆け足である部分もあるが居飛車党にとってはそれなりに使える内容と思う。

【総括】
新しく書かれた変化が多いので定跡ヲタは買い。あと振り飛車党も買いだと思う。
超速▲3七銀を指す居飛車党も一応買いだが、納得できない変化がある可能性がある。
確認してから買うのが吉だと私は思う。
超急戦を指してる人がそれ目当てで買うのはあまりオススメしない。

私は定跡ヲタなのでそれなりに満足しているが、これで中飛車に勝つる!と期待している人はどうなんでしょうねえ。
もしかしたら若干期待外れになるところもあるかもしれない。
ただこれだけ結論が激しく変わる戦型で1冊の本を書いたということについて、著者に敬意を表したい。

829 名前:名無し名人:2011/09/25(日) 21:05:37.20 ID:ARbnTV5r
もっと早くそれを言ってくれ( ;´Д`)
さっき買ったのは佐藤の一手損と三手詰めハンド、太地の速攻ゴキゲン中飛車破り・・・・
青野本買ってくるか

Part75

312 名前:名無し名人:2011/10/08(土) 05:30:41.81 ID:MATgt3tk
太地の速攻ゴキ中破りを買ってみた
内容は超速と超急戦

オレは超急戦が好きだからテカテカしながら読んでたら最後に…
超急戦は現時点では後手が良いですという結論が…

本のタイトルおかしいだろw

317 名前:名無し名人:2011/10/08(土) 09:07:24.01 ID:YwybVetP
太地本が出てから、また結論が変わったんじゃねえか。

320 名前:名無し名人:2011/10/08(土) 10:06:01.48 ID:5goeQTqa
「超速は△3二銀が不満」というのはあくまで太地なりの当時の結論であって
その間も普通に超速はたくさん指されてる
知り合いのゴキゲン党奨励会員に聞いても別に△3二銀型で後手よしということは全くないと言っていた

740 名前:名無し名人:2011/10/20(木) 10:28:05.27 ID:xXGfGMbv
深浦本買った。今のところ自分の中では評価が低い。
理由の1つは方向性が分からないこと。

広く解説するということであれば、所司本(中飛車定跡ガイド)の方が体系的でうまくまとめてある。
有力策に絞って深く突っ込んで解説するということであれば、太地本が良い。
最新定跡・変化を紹介するということであれば、基本的な手順は不要。
(豊島や村山慈明の本みたいにすれば良い)
ということで中途半端になっている感じがする。
また上でも書かれていたが、3二飛や角交換四間飛車の章が薄くて、これも中途半端。

もう1つの理由は、最近出たゴキ中系の類書との差別化が出来ていないように感じるところ。
他の本と変化・結論が被っていたり、他の本の方が詳しかったり。
タイトルからしても、他の本で後手優勢と結論付けられている超急戦の章は不要だと思う。
(新しい有力策が書かれているわけでもないし)
違う出版社から出ているなら分かるけど、同じ出版社(マイコミ)から出ているのだから、
出版社側でもうちょっと配慮してほしい。

不満点ばかり書いてきたが、今の所ゴキ系で一番新しい本なので、
自分が多用する対策の最新変化をチェックできるところと、
他の本があまり深く解説していない7八金型にそこそこページを割いている点は評価できると思う。

888 名前:名無し名人:2011/10/23(日) 04:58:54.18 ID:uRFOPgQQ
中村太地五段の本と深浦さんの本を買おうと思ってるんだけど、内容被ってますか?
深浦さんゴキ対策
にページ割いてるようですし

972 名前:名無し名人:2011/10/24(月) 19:24:50.52 ID:m5rd1HML
中村太地先生の本は校正ミスがなく良書。文章が上手く精錬。
手順や解説は難しい内容だが、深く研究された一冊。


973 名前:名無し名人:2011/10/24(月) 19:59:17.65 ID:d95O1N/e
太地乙。

Part76

117 名前:名無し名人:2011/10/30(日) 00:28:18.12 ID:zNS2hkLV
深浦本と太地本読んだらゴキ側指してみたくなった

121 名前:名無し名人:2011/10/30(日) 09:48:51.33 ID:mMRGq2CA
超速はそれまで豊島本や所司本で30ページ40ページ程度だったのが
この太地本は170ページだからね。
仕掛けが一段落した時点で、
ほぼ互角で乗り切れてれば上出来だもんね。

310 名前:名無し名人:2011/11/03(木) 00:09:00.37 ID:SG/Q+hdT
羽生の頭脳や四間飛車破りは、「結論」とビシッと書いてくれるのが助かるよ
「〜は後手指せる。次は〜を調べてみよう」が延々と続く本だと
じゃあ結局どういう手順を踏めば最善なの?と自分で分岐をまとめなきゃいけない
そしてそういう本が非常に多くて、非常に頭に入りにくい
ゴキゲン中飛車破りはその最たる例


出版年順カテゴリ別レス数順過去ログ倉庫